2021-22年度会長の活動方針と計画

活動方針

今年度RI会長シェカール・メータ氏のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。

メータRI会長は女子のエンパワメント(基本的な権利や機会の均等)に力を注ぎ、教育、リソース、奉仕、機会など、未来の女性リーダーの成功に必要な手段を与えてほしいと希望されております。

また若林英博ガバナーは、「世界で、日本で、地域で、良いことをしよう」と大きな目標を掲げられています。

  1. 新型コロナウイルスで困っている人々を支援しよう
  2. ポリオ根絶に向けて頑張ろう
  3. 元気なクラブになろう
  4. 会員増強・クラブ拡大をする覚悟をもとう
  5. ロータリーの公共イメージをアップさせよう、5つの事を軸としています。

今年度のクラブテーマは「奉仕しよう 倫理観を高めるために」(英訳 Serve Others Well, to Enhance Our Ethics)とさせて頂きました。

当クラブには元気がありますので、会員増強を図り更に元気なクラブとなって、新型コロナウイルスで困っている人々を支援する奉仕活動が出来るようになりたいと思います。

今この困難な時こそ、ロータリーの原点に立ち返り奉仕活動を通じて、共に成長させてもらうチャンスだと考えます。

活動計画

  1. 奉仕活動に積極的に参加する
  2. ワークショップの参加を推奨する
  3. 会の出席率を上げるための工夫(ZOOM・ハイブリッド)
  4. 東京臨海RC、東京臨海西RCとの連携を充実させ、3RCが協力して会員増強の突破口とする
  5. 全会員で新人会員のフォローをし、退会者をゼロにする

2021-2022年度
会長 今西 勇

タイトルとURLをコピーしました